バカラ配当

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

  教員データベース    TOPページ       著書・論文 学会発表 学歴 学内役職・委員 教育上の業績 主要学科目 所属学会 社会における活動 研究課題・受託研究・科研費 ホームページ 受賞学術賞 現在の専門分野 科研費研究者番号     (最終更新日:2024-05-17 13:07:47)   アベ ナオト   Abe Naoto   阿部 直人    所属   明治大学  理工学部    職種   専任教授 ■ 著書・論文 1. 2024/03 論文  極零点プロットに基づいた入力むだ時間系の同定に関する研究 計測自動制御学会論文集 60(3),201-208頁 (共著)  2. 2023/07 論文  Closed Loop Identification and Control for Input Time Delay Systems The 22nd World Congress of the International Federation of Automatic Control (IFACWC2023) pp.6970-6975 (共著)  3. 2022/08 論文  Thermal control with long time constant and short time delay based on subspace identification Preprints of 10th IFAC Symposium on Robust Control Design (ROCOND 2022) pp.268-271 (共著)  4. 2022/04 論文  入力むだ時間系に対する部分空間同定法を用いた離散時間状態予測制御 システム制御情報学会論文誌 35(4),75-83頁 (共著)  5. 2019/06 著書  Experimental Comparison of the Integral Approximation for the State Predictive Control - the Stabilization Control of the Inverted Pendulum with Flexible Arm - 2019 12th Asian Control Conference (ASCC) Kitakyusyu, Japan, June 9-12, pp.1048-1053 (共著)  6. 2016/03 論文  Fluid inertia damper using MR fluid with a long spiral bypass pipe Mechanical Engineering Journal  (共著)  7. 2015/06 論文  Switching control based on the mode of vibration for dynamic absorber Proc. 10th Asian Control Conference (ASCC), 2015  (共著)  8. 2014/12 論文  可観測正準型デルタオペレータモデルによる同定の簡便化 システム制御情報学会論文誌 27(8),343-351頁 (共著)  9. 2013/09 論文  Variable Stiffness System for Semi-Active Vibration Control by Frequency Proc. of International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration (SICE Annual Conference 2013) pp.923-928 (共著)  10. 2011/08 論文  Iterative design using IMC for input time delay systems with disturbance observer 18th IFAC World Congress 44(1),pp.2430-2435 (共著)  11. 2010/03 論文  Experimental Evaluation on Strictly Proper Approximation of State Predictor for inverted Pendulum Transactions on Electrical and Electronic Engineering 5(2),pp.237-244 (共著)  12. 2009/09 論文  Iterative design of state predictive LQG controller for inertia rotor with time delay Proceedings of 8th IFAC Workshop on Time-Delay Systems pp.303-309 (共著)  13. 2007/03 著書  むだ時間・分布定数系の制御   (共著)  14. 2008/09 著書  Motion and Vibration Control: Movic2008 (Proc. 9th International Conference on Motion and Vibration Control) Active and Passive Switching Vibration Control with Lyapunov Function  pp.1-10 (共著)  15. 2009/04 論文  漸硬型抵抗力特性を持つ受動型MRダンパ(準能動型MRダンパとの比較) 日本機械学会論文集C編 75(752),134-140頁 (共著)  16. 2008/08 論文  Passive and Variable Active Switching Control by Mechanical Energy with Dual Structural Mass Damper Journal of System Design and Dynamics 2(4),pp.919-929 (共著)  17. 2008/02 論文  制振力の制約条件下における周波数に基づく二層構造物のアクティブ制振制御 日本機械学会論文集C編 74(738),269-277頁 (共著)  18. 2006/04 著書  機械工学便覧デザイン編β6「制御性システム」2.6.1 むだ時間系制御  70-74頁   19. 2004/09 著書  Passive, semi-active and Active Switching Vibration Control with Pendulum Mass Damper  pp.418-423 (単著)  20. 2007/09 論文  Experimental Evaluation on Strictly Proper Approximation of State Predictor for inverted Pendulum Proc. 7th IFAC Workshop on Time delay systems, TDS07 CD-ROM (共著)  21. 2006/10 論文  Semi-active Switching Vibration Control for Dynamic absorber based on the Seismic Frequency Proc. 2006 IEEE Int. Conference on Control Applications, CCA2006 pp.720-725 (単著)  22. 2006/01 論文  パッシブとアクティブ付加質量の切換制振制御 日本機械学会論文集C編 72(713),102-108頁 (共著)  23. 2004/09 論文  Passive and Active Switching Vibration Control with Pendulum Type Damper Proc. 2004 IEEE Int. Conference on Control Applications, CCA2004, IEEE pp.1037-1042 (単著)  24. 2003/09 論文  Time Delay Temperature Control with IMC and Closed-loop Identification 2003 European Control Conference (ECC) pp.CD-ROM (共著)  25. 2003/09 論文  Application of Optimal Regulator with Time delay to Temperature Control for Thixoforming System 4th IFAC Workshop on Time Delay Systems pp.CD-ROM TP2-5 (共著)  26. 2003/08 論文  Smith Predictor Control and Internal Model Control - A Tutorial - SICE Annual Conference 2003 pp.1257-1261 (共著)  27. 2002/11 論文  希土類磁石と電磁石を用いたハイブリッド磁気ダンパによる1自由度免振系の双線形制御 機械学会論文集C編 68(674),2949-2955頁 (共著)  28. 2002/09 論文  A Conveyer Belt Model of Discrete-Time Varying Delay The 4th Asian Control Conference pp.1692-1697 (共著)  29. 2002/08 論文  Active-Passive Switching Control on the basis of the AMD's Kinematic Energy 6th International Conference on Motion and Vibration Control, Movic2002 2,pp.619-624 (単著)  30. 2002/08 論文  Joint Design Method of Closed-loop Identification and IMC Structure for Temperature Control System with Time Delay SICE Annual Conference 2002 pp.1914-1917 (共著)  31. 2002/04 論文  むだ時間系に対する同定とLQG制御の繰り返し設計 システム制御情報学会論文集 15(4),159-166頁 (共著)  32. 2002/03 論文  2リンク・3関節をもつアーム型制振装置の研究 日本AEM学会誌 10(1),91-96頁 (共著)  33. 2001/10 論文  むだ時関係における最適レギュレータの極限 -外乱分離からの考察- 電気学会電気・情報・システム部門誌 121-C(10),1606-1611頁 (単著)  34. 2001/09 論文  Switching Vibration Control for Active-Passive Composite Tuned Mass Damper XIV International Conference on Systems Science 3,pp.243-250 (単著)  35. 2000 論文  Nonlinear H∞ control of a Single-Degree-of Freedom Isolation System Supported by a Hybrid Magnetic Damper 5th International Conference on Motion and Vibration Control, Movic2000 1,pp.403-408 (共著)  36. 2000/12 論文  Vibration Control of Multiple-Degree-of-Freedom Systems Supported with an Arm-type Vibration Control Device by Means of Sliding Mode Control MoVic2000 5th International Conference on Motion and Vibration Control 2,pp.693-698 (共著)  37. 2000/07 論文  むだ時間系に対する IMC 構造を用いた閉ループ同定と補償器の繰り返し設計 計測自動制御学会論文集 36(7),563-568頁 (共著)  38. 2000/03 論文  Application of an iterative identification and control design to a vibration system JSME International Journal Series C 43(1),pp.18-24 (共著)  39. 1999 論文  Closed-loop identification and IMC design for system with an input time delay European Control Conference (CD-ROM) pp.F362 (共著)  40. 1998/09 論文  Application of H∞ Control to a vibration system using air jet propulsion IEEE Conference on Control Application  (共著)  41. 1998/08 論文  Control design of a three links vibration system based on closed-loop identification 4th International Conference on Motion and Vibration Control pp.329-334 (共著)  42. 1998/07 論文  Internal Model Control Considering Saturation Mismatch LTDS'98IFAC Workshop pp.153-158 (単著)  43. 1996 論文  折り返し法による分布系熱交換器の温度制御 システム制御情報学会論文誌 9(6),287-295頁 (共著)  44. 1996 論文  Practically Stability and Disturbance Rejection of Internal Model Control for Time-delay Systems IEEEConference of Decision and Control Vol.2,pp.1621-1622 (単著)  45. 1996/06 論文  Isolation Table Composed of Circular Arc Beam and Magnetic Damping Proc.of the 11th World Conference on Earthquake Engineering 797 (共著)  46. 1996/06 論文  Two Degree of Freedom Internal Model Control for Single Tublar Heat Exchanger System Proc.ISIE'96,IEEE Vol.1,pp.260-265 (共著)  47. 1995 論文  固有関数展開による分布定数系の折り返し法 計測自動制御学会論文集 31(10),1579-1585頁 (共著)  48. 1994 論文  Internal Model Control for Single Tubular heat Exchanger System IEEEProc. IECON'94 Vol.2,pp.1156-1170 (共著)  49. 1994/08 論文  Turn Over Method for Distributed Parameter System via Eigenfunction Expansion Proc.1st ASCC Vol.3,pp.713-716 (共著)  50. 1993 論文  あるクラスの双曲型分布系に対する最適レギュレータの性質 計測自動制御学会論文集 29(4),395-400頁 (共著)  51. 1993/12 論文  分布入力型分布定数系の最適レギュレータの性質 明治大学技研紀要 31(8),117-128頁 (共著)  52. 1992 論文  Circle Condition of Optimal Regulator for Mixed Parameter Systems International Federation of Automatic Control2nd IFAC Workshop on System Structure and Control pp.124-127 (共著)  53. 1992/07 論文  Advanced control for a super high rise building Proc.of the 10th World Conference on Earthquake Engineering pp.2185-2190 (共著)  54. 1991 論文  遅れ型むだ時間系の逆ナイキスト安定判別法 計測自動制御学会論文集 Vol.27 No.2,239-241頁 (共著)  55. 1991 論文  中立型むだ時間系の極計算法 明治大学技研紀要 Vol.30 No.1,1-12頁 (単著)  56. 1991 論文  Asymptotic pole location of opfimal regulator for time-delay systems International Federation of Automatic ControlFirst IFAC Symposium on Design Methods for Control Systems Vol.1,pp.652-657 (単著)  57. 1990 論文  Optimal regulator for neutral systems International Federation of Automatic ControlIFAC World Congress 11th Tallin 1990 , USSR Vol.2,pp.119-124 (共著)  58. 1989 論文  むだ時間を含む線形フィードバック系におけるむだ時間に差が生じた場合の安定条件 -ナイキスト安定判別法によるアプローチ - 計測自動制御学会論文集 25(1),34-39頁 (共著)  59. 1989/03 論文  Stability condition of the optimal regulator for systems with timedelay under identification error(Translated from Denki Gakkai Ronbunshi Vol.108C,no.6,June 1988,401/407) Electrical Engineering in Japan 109(3),pp.91-98 (共著)  60. 1988 論文  むだ時間を含む系の最適レギュレータにおけるむだ時間に誤差が生じた場合の安定条件 電気学会電気学会論文集 C分冊 108(6),401-407頁 (共著)  61. 1988 論文  The linear-quadratic optimal control approach to feedback control design for systems with delay Pergamon PressAutomatica Vol.24 No.6,pp.773-780 (共著)  62. 1988/05 論文  Optimal regulator for linear systems with delays in state and control Spectrum decomposition and prediction appoach INRIA The 8th International Conference on Analysis and Optimization of Systems pp.32-43 (共著)  63. 1987 論文  Stability of the Systems with Time-delay under Identification Error in Delay IMACS/IFAC pp.79-84 (共著)  64. 1987 論文  Circle Condition and Stability margin of the Optimal Regulator for Systems with delay Tayler LTD International Journal of Control Vol.46 No.4,pp.1203-1212 (共著)  65. 1986/11 論文  むだ時間を含む系の最適レギュレータの安定余有 計測自動制御学会論文集 22(11),1222-1224頁 (共著)  66. 2001/01 論文  むだ時間系における最適レギュレータの極限と外乱分離 明治大学明治大学技研紀要 Vol.39,No.1,1-6頁 (単著)  67. 1986/12 論文  The Linear-Quadratic Optimal Control Approach to Feedback Control Design for Systems with Delay Report of Sci. and Eng. Res. LAB. Waseda University 86(10) (共著)  68. 2006/07 その他  むだ時間システムの制御-入門から最新動向まで 第9回:むだ時間系の閉ループ同定と補償器設計を交互に繰り返す繰り返し設計法   (共著)  69. 2005/12 その他  むだ時間システムの制御-入門から最新動向まで 第2回:むだ時間システム入門2 -状態空間からのアプローチ-   (共著)  70. 2005/11 その他  むだ時間システムの制御-入門から最新動向まで 第1回:むだ時間システム入門1-伝達関数からのアプローチ-   (共著)  5件表示 全件表示(70件) ■ 学会発表 1. 2024/03/18 多入出力システムに対するむだ時間推定に関する研究(第11回 制御部門マルチシンポジウム) 2. 2023/05/18 むだ時間推定における極零配置と予測誤差に関する研究(第67回システム制御情報学会研究発表講演会) 3. 2023/03/10 システムの時定数に関連したむだ時間推定に関する研究(第10回制御部門マルチシンポジウム) 4. 2022/11/13 カーネル法を用いた非線形システムに対する部分空間同定法(第65回自動制御連合講演会) 5. 2022/11/12 周波数整形モデル予測制御を用いた振動系を含む直動型倒立振子の安定化制御(第65回自動制御連合講演会) 6. 2022/11/13 通信遅延を伴うマルチエージェントシステムのフォーメーション制御(第65回自動制御連合講演会) 7. 2022/03/08 発散データを用いた不安定系のシステム同定に関する研究(第9回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム) 8. 2021/11/13 CCA法を用いた部分空間同定法による閉ループ同定および統一的なシステム同定に関する研究(第64回自動制御連合講演会) 9. 2021/09/14 うず電流減衰効果を用いたセミアクティブ制振制御(Dynamics and Design Conference 2021(D&D2021)) 10. 2021/05/28 むだ時間系に対する部分空間同定法を用いた状態予測制御(第65回システム制御情報学会研究発表講演会) 11. 2020/09/03 バックラッシュと特性変動を有するベルト駆動系の追従制御(Dynamics and Design Conference 2020) 12. 2019/11/09 状態予測制御を用いたむだ時間及び振動系を含む直動型倒立振子の安定化制御(自動制御連合講演会2019) 13. 2019/09/10 振子型付加質量によるモデル予測制御を用いたパッシブ・アクティブ切り替え制振制御(日本機械学会2019年度年次大会) 14. 2019/08/28 予測制御を用いたセミアクティブ制振制御(Dynamics and Design Conference 2019) 15. 2018/06/30 State predictive control by integral approximation for inverted pendulum with time delay(14th IFAC Workshop on Time Delay Systems) 16. 2017/11/10 積分近似による状態予測制御を用いた むだ時間を含む柔軟アーム回転型倒立振子の安定化制御(第60回自動制御連合講演会) 17. 2016/08/24 ラックギアのかみ合いによる剛性可変機構を用いたセミアクティブ動吸振器(Dynamics and Design Conference 2016) 18. 2016/08/24 セミアクティブ動吸振器を用いた2層構造物の制振制御に関する研究(Dynamics and Design Conference 2016) 19. 2016/08/24 磁気粘性流体を用いた可変慣性ダンパ(Dynamics and Design Conference 2016) 20. 2014/08/27 エアシリンダを用いた剛性可変機構によるセミアクティブ動吸振器(Dynamics and Design Conference 2014) 21. 2013/08/27 可変剛性機構を用いたセミアクティブ制御における切り替え手法(Dynamics and Design Conference 2013 -D&D2013-) 22. 2013/08/28 空圧機器を用いた配管系の連結制振制御(Dynamics and Design Conference 2013 -D&D2013-) 23. 2012/03/09 振動モードによる動吸振器の切り替え制御(日本機械学会関東支部第18期総会講演会) 24. 2012/03/09 剛性可変機構を用いた周波数によるセミアクティブ制振制御(日本機械学会関東支部第18期総会講演会) 25. 2010/03/10 回転型倒立振子を用いたSIMOシステムに関するLQG補償器の繰り返し設計(日本機械学会関東支部第16期総会講演会) 26. 2010/03/10 エアダンパを用いたセミアクティブ制振制御(日本機械学会関東支部第16期総会講演会) 27. 2008/11/23 外乱オブザーバを含むむだ時間システムに対するIMCを用いた繰り返し設計(第51回自動制御連合講演会) 28. 2008/11/23 むだ時間を含む慣性ロータに対する状態予測LQG補償器の繰り返し設計(第51回自動制御連合講演会) 29. 2008/03 熱伝導系に対する内部モデル制御を用いた繰り返し設計(第8回制御部門大会) 30. 2007/11 むだ時間系の制御-チュートリアル1-(第50回自動制御連合講演会) 31. 2007/11 むだ時間を含むプラントに対する内部モデル制御を用いた繰り返し設計(第50回自動制御連合講演会) 32. 2007/09 動特性を考慮したアクティブ・パッシブ切り替え制振制御(Dynamics & Design Conference 2007) 33. 2007/05 Lyapunov関数を用いたアクティブ・パッシブ切替制振制御(システム制御情報学会学術講演会) 34. 2007/03 真にプロパな積分近似による状態予測制御を用いたむだ時間を含む倒立振子の制御(日本機械学会関東支部第13期総会講演論文集) 35. 2006/08 周波数に基づく二層構造物のアクティブ切換え振動制御(Dynamics & Design Conference 2006) 36. 2005/08 運動エネルギーによるパッシブ・可変アクティブ切り替え制御(Dynamics & Design Conference 2005) 37. 2005/08 パッシブ動吸振器における周波数切り替えによるセミアクティブ制御(Dynamics & Design Conference 2005) 38. 2005/07 Semi-active Switching Dynamic Absorber Based on the Seismic Vibration Frequency(German-Japanese Seminar 2005) 39. 2004/11 2層構造物におけるパッシブとアクティブの切り替え振動制御(第47回自動制御連合講演会) 40. 2004/11 周波数切り替えによるセミアクティブ制御(第47回自動制御連合講演会) 41. 2003/11 二重構造の振子型付加質量によるパッシブとアクティブの切替による振動制御(第8回運動と振動の制御シンポジウム) 42. 2003/05 振子型付加質量によるパッシブとアクティブの切替制振制御(第47回システム制御情報学会講演会) 43. 2002/11 パッシブとアクティブの切換制振制御(第45回自動制御連合講演会) 44. 2002/09 On Switching Vibration Control of Active-Passive Mass Damper(The 10th Japanese-German Seminar on Nonlinear Problems in Dynamical Systems) 45. 2002/05 離散時間時変むだ時間系の安定条件(第2回制御部門大会) 46. 2002/03 フレキシブルアームを有する回転型倒立振子の振動制御と安定化(日本機械学会関東支部大会) 47. 2001/11 離散時間時変むだ時間系の安定性に関する考察(第30回制御理論シンポジウム, 167/170) 48. 2001/11 フレキシブルアームを有する回転型倒立振子の安定化制御(第44回自動制御連合講演会) 49. 2001/07 Disturbance Decoupling of the Limiting Optimal Regulator for Systems with Input Time-delay(SICE/ICASE Joint Workshop-Control Theory and Application, 73/78) 50. 2001/05 閉ループ同定を利用した入力むだ時間系の周波数重みつき LQG 制御(第1回 計測自動制御学会制御部門大会, 383/386) 51. 2001/05 Active-Passive 切換振動制御(第1回 計測自動制御学会制御部門大会, 95/98) 52. 2000/11 閉ループ同定を利用した入力むだ時間系のLQG制御(第23回 Dynamical System Theory シンポジウム, 401/406) 53. 2000/09 ハイブリッド磁気減衰で支持された1自由度免振系の非線形H∞制御(Dynamics and Design Conference, 436, CD-ROM) 54. 2000/08 Vibration Control Supported with Arm-type Vibration Control Device(The 9th German-Japanese Seminar Nonlinear Problems in Dynamical Systems - Theory and Applications -, Straelen, Germany, 2000) 55. 2000/07 クーロン摩擦型制振装置のスライディングモード制御からの考察(第39回計測自動制御学会学術講演会, CD-ROM, 106A-6) 56. 2000/06 可変長1リンクと2関節を持つアーム型制振装置の研究(第12回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム, 719/722) 57. 1999/10 履歴を評価した最適レギュレータの構成(第23回DSTシンポジウム, 1/4) 58. 1999/05 むだ時間系に対する閉ループ同定と補償器の繰り返し設計(電気学会システム制御研究会, 25/30) 59. 1999/05 むだ時間系に対する IMC 構造を用いた閉ループ同定と補償器の繰り返し設計(第 28 回制御理論シンポジウム, 319/322) 60. 1999/01 Closed-loop identification and IMC design for system with an input time delay(Korea-Japan Joint Workshop on Robust and predictive control for time delay systems) 61. 1998/12 閉ループ同定と制御系設計の繰り返しによる振動系の制御(第17回計測自動制御学会九州支部学術講演会 51/52) 62. 1998/12 むだ時間系に対するIMC構造を用いた閉ループ同定(第17回計測自動制御学会九州支部学術講演会 267/268) 63. 1997/03 飽和を考慮した内部モデル制御(電気学会システム・制御研究会 7/12) 64. 1996/11 分布定数系に対する積分型最適レギュレータ(第15回計測自動制御学会九州支部学術講演会 77/78) 65. 1996/10 双線形分布定数系に対する非線形H∞制御(第19回DSTシンポジウム 85/88) 66. 1996/10 分布定数系に対するH∞制御則と重み関数(第39回自動制御連合講演会 161/162) 67. 1996/10 ニューラルネットワークを用いたMIDIデータにおける音強パラメータの決定(第39回自動制御連合講演会 279/280) 68. 1996/10 ある非コロケートな振動系に対するロバスト制御(第39回自動制御連合講演会 179/180) 69. 1996/10 MATLAB による単管熱交換器の内部モデル制御(第39回自動制御連合講演会 387/388) 70. 1996/09 Internal Model Control and Smith Predictive Control for Time-Delay System(The 7th German-Japanese Seminar 55/64 1996) 71. 1996/07 非最小位相振動系へのμ設計の適用(第35回計測自動制御学会学術講演会 757/756) 72. 1996/07 多管路型熱交換器に対する部分極配置法(第35回計測自動制御学会学術講演会 769/770) 73. 1996/07 双線形分布定数系に対するH∞状態フィードバック制御(第35回計測自動制御学会学術講演会733/734) 74. 1996/06 空気噴流アクチュエータによる並進-ねじれ振動制御(ロボティクス・メカトロニクス講演会'96 B 1109/1112) 75. 1996/06 空気噴流アクチュエータによるH∞振動制御(ロボティクス・メカトロニクス講演会'96 1085/1088) 76. 1996/05 双線形項を有する熱交換器へのH∞制御(第40回システム制御情報学会研究発表講演会 417/418) 77. 1996/05 加速度オブザーバによる振動制御(第40回システム制御情報学会研究発表講演会 551/552) 78. 1996/05 むだ時間をもつプラントに対するIMC制御実験(第40回システム制御情報学会研究発表講演会 441/442) 79. 1995/12 熱交換器のセルフチューニング制御(第38回自動制御連合講演会 269/270) 80. 1995/12 分布定数系に対する積分動作を有する選択的折り返し法(第38回自動制御連合講演会 45/46) 81. 1995/12 ジェット推進力を用いた H∞ 制御による振動制御(第38回自動制御連合講演会 243/244) 82. 1995/11 混合定数系に対する選択的折り返し法(第18回DSTシンポジウム 369/372) 83. 1995/11 IMC制御とスミス法についての考察(第18回DSTシンポジウム 197/200) 84. 1995/07 固有関数展開を用いた分布定数系に対する積分型最適レギュレータ(第34回計測自動制御学会学術講演会,343/344) 85. 1995/07 単管熱交換器に対する2自由度IMC制御実験(第34回計測自動制御学会学術講演会 387/388) 86. 1995/07 分布系プロセスのパラメータ空間におけるPID制御器の設計法(第34回計測自動制御学会学術講演会 375/376) 87. 1995/07 パルス的推進力による振動制御(第4回「運動と振動の制御」シンポジウム 116/119) 88. 1995/05 プロセス制御系の非線形H∞制御(第39回システム制御情報学会研究発表講演会 427/428) 89. 1994/12 流量を操作量とする熱交換器の非線形H∞制御(第17回DSTシンポジウム 305/308) 90. 1994/12 分布定数系に対する固有関数を用いたH∞制御(第17回DSTシンポジウム 297/300) 91. 1994/10 固有関数展開による分布定数系におけるH∞状態フィードバック制御(第37回自動制御連合講演会 25/26) 92. 1994/10 向流型熱交換器のMWRを用いた折り返し法による制御(第37回自動制御連合講演会 283/284) 93. 1994/07 折り返し法による分布系の閉ループ特性の解析(第33回計測自動制御学会学術講演会,269/270) 94. 1994/04 向流型熱交換器のMWRによるH∞制御(第2回制御理論応用シンポジウム 5/10) 95. 1994/04 単管熱交換器に対するIMC制御実験(第2回制御理論応用シンポジウム 1/4) 96. 1993/10 単管熱交換器に対するIMC制御実験(第36回自動制御連合講演会 107/108) 97. 1993/10 分布系に対する重み付き残差法による状態フィードバック制御(第36回自動制御連合講演会 105/106) 98. 1993/08 単管熱交換器に対するIMC制御(第32回計測自動制御学会学術講演会,719/720) 99. 1993/05 輸送型分布系の特性関数について(第22回制御理論シンポジウム) 100. 1993/04 重み付き残差法による分布状態推定(第1回制御理論応用シンポジウム 83/88) 101. 1992/10 分布定数系における円条件の近似計算(第35回自動制御連合講演会 31/32) 102. 1992/07 分布系の最適レギュレータの極と零点に関する考察(第31回計測自動制御学会学術講演会,21/22) 103. 1992/07 分布系のハミルトン行列(第31回計測自動制御学会学術講演会,23/24) 104. 1992/07 分布定数系におけるH∞状態フィードバック制御(第31回計測自動制御学会学術講演会,587/589) 105. 1991/12 分布系の最適レギュレータの性質 -分布入力の場合-(第14回Dynamical System Theory シンポジウム 331/334) 106. 1991/07 混合定数系のLQ問題の円条件(第30回計測自動制御学会学術講演会,319/320) 107. 1991/07 分布系の最適レギュレータの極配置(第30回計測自動制御学会学術講演会,33/34) 108. 1991/05 ある分布系に対する最適レギュレータの性質(第20回制御理論シンポジウム 209/213) 109. 1990/11 遅れ型むだ時間系の最適レギュレータにおける漸近的極配置(第33回自動制御連合講演会 219/220) 110. 1990/05 中立型むだ時間系の極計算法(第19回制御理論シンポジウム 291/294) 111. 1989/12 中立型むだ時間系の分布系表現(第12回Dynamical System Theory シンポジウム 69/72) 112. 1989/07 むだ時間の変動に対する中立型むだ時間系の安定性について(第29回計測自動制御学会学術講演会,419/420) 113. 1989/05 遅れ型むだ時間系の一般化Riccati方程式と安定余有(第18回制御理論シンポジウム,177/182) 114. 1988/11 中立型むだ時間系における最適レギュレータの性質(第11回Dynamical System Theory シンポジウム) 115. 1988/10 中立型むだ時間系における2つのタイプの最適レギュレータの等価性について(第31回自動制御連合講演会,129/130) 116. 1988/08 中立型むだ時間系における2つのタイプの最適レギュレータ(第28回計測自動制御学会学術講演会,291/292) 117. 1988/06 中立型むだ時間系の最適レギュレータ(第17回制御理論シンポジウム,279/284) 118. 1987/12 中立型むだ時間系の有限時間最適レギュレータ(第10回Dynamical System Theory シンポジウム 113/116) 119. 1987/11 むだ時間の変動に対する系の安定条件とむだ時間の許容変動範囲(第30回自動制御連合講演会 123/124) 120. 1987/07 むだ時間を含む系においてむだ時間に誤差が生じた場合の安定余有(第27回計測自動制御学会学術講演会, 235/236) 121. 1987/05 むだ時間に誤差が生じた場合の閉ループ系の安定性-逆ナイキスト安定判別法によるアプローチ-(第16回制御理論シンポジウム 87/90) 122. 1986/12 状態にむだ時間を含む系においてむだ時間に誤差が生じた場合の安定条件(第 9 回Dynamical System Theory シンポジウム 205/208) 123. 1986/11 むだ時間を含む系に対する指定したゲイン余有を保証するフィードバック則(第29回自動制御連合講演会 151/152) 124. 1986/11 むだ時間に誤差を含む最適レギュレータの安定余有(第26回計測自動制御学会学術講演会, 637/638) 125. 1986/05 むだ時間を含む系のLQ問題における円条件と安定余有(第15回制御理論シンポジウム 67/70) 126. 1985/12 むだ時間最適レギュレータにおいてパラメータ誤差が生じた場合の安定条件(第8回Dynamical System Theory シンポジウム 17/20) 127. 1985/11 むだ時間を含む系の最適レギュレータの安定余有(第28回自動制御連合講演会 113/114) 5件表示 全件表示(127件) ■ 学歴 1. 1986/04~1989/03 早稲田大学 理工学研究科 電気工学 博士課程修了 工学博士 2. 1984/04~1986/03 早稲田大学 理工学研究科 電気工学専攻 修士課程修了 工学修士 3. 1980/04~1984/03 早稲田大学 理工学部 電気工学科 卒業 工学士 ■ 学内役職・委員 1. 2020/04/01~2024/03/31 明治大学 情報基盤本部長 2. 2016/04/01~2020/03/31 明治大学 理工学部機械情報工学科長 3. 2016/04/01~2018/03/31 明治大学 大学院理工学研究科機械工学専攻主任 4. 2012/04/01~2016/03/31 明治大学 学長室専門員 5. 2009/04/01~2011/03/31 明治大学 理工学部教務主任 6. 2008/04/01~2009/09/30 明治大学 教育の情報化推進副本部長 5件表示 全件表示(6件) ■ 教育上の業績 ●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 1. 2015/09/20~ 基礎制御工学・演習におけるOh-o!Meijiシステムの活用 ●教育方法・教育実践に関する発表、講演等 1. 2020/09/14 技術者教育認定審査の実際における認定校から 2. 2005/11 明治大学におけるデジタルコンテンツプロジェクト 3. 2005/08 高等教育におけるデジタルコンテンツ制作手法の一案 ●その他教育活動上特記すべき事項 1. 2012/04/01~2016/03/31 学長室専門員 2. 2014/04/01~2016/03/31 ユビキタスカレッジ運営委員会委員長 3. 2012/04/01~2014/03/31 ユビキタスカレッジ運営委員会副委員長 4. 2012/04/01~2016/03/31 研究企画推進委員会委員 5. 2012/04/01~2016/03/31 教育開発・支援センター運営委員 6. 2012/04/01~2016/03/31 情報基盤会議委員 7. 2009/10/01~2014/03/31 教育の情報化推進本部 教育支援推進部 本部員 8. 2011/04~2013/03 次期Oh-o!Meijiシステム開発WG長 9. 2008/05~2010/03 ユビキタス運営委員会 委員 10. 2005/04~2009/10/01 教育の情報化推進本部 教育支援推進部長 11. 2004/05~2007/03 情報科学センター 研究専門部会長 12. 2006/04~2010/03 秋葉原サテライトキャンパス理工WG 13. 2005/12~2007/03 理工学研究科新専攻設立委員会 委員 14. 2004/12~2005/03 理工学部若手戦略WG 委員 15. 2004/06~2005/03 遠隔教育推進委員会 委員 16. 2004/04~2005/03 コンテンツ構築分科会委員 17. 2004/04~2004/09 理工学部 入試委員 18. 2002/04~2004/03 理工学部 教務委員 5件表示 全件表示(22件) ■ 主要学科目 基礎制御工学・演習 ■ 所属学会 1. 計測自動制御学会 2. 2012/08 ∟ フェロー 3. 2010/10~2014/02 ∟ 代議員 4. 2003/02 ∟ 教育認定委員会委員 5. 2001~2003 ∟ 総務担当常務理事 6. 2004/04~2010/09 ∟ 評議員 7. 1998/04~ 機械学会 8. 2015/04~ ∟ JABEE認定・審査調整委員 9. システム制御情報学会 10. 電気学会 11. 2003/04~2007/03 鉄鋼協会 12. 2003~2007 ∟ 会誌編集委員 5件表示 全件表示(12件) ■ 社会における活動 1. 2023/05 私立大学情報教育協会 理事 2. 2022/05~ 大学ICT推進協議会(AXIES) 理事 3. 2017/04~ 私立大学情報教育協会 教育改革ICT戦略大会運営委員会 委員 4. 2015/06~2017/05 大学基準協会基準委員 5. 2015/04~2016/03 JABEE認定・調整委員会 6. 2010/04 計測自動制御学会CPD WG長 7. 2013/04~2015/06 ASIIAN CONTROL CONFERENCE (ASCC2015) International Program Committee 8. 2010/02~2014/01 計測自動制御学会 代議員 9. 2007/04 JABEE分野別審査委員会委員 10. 2005/08~2005/08 Dynamics and Design Conference 2005/第9回「運動と振動の制御」シンポジウム(9th MOVIC) 11. 2004/11~2005/10 日本機械学会D&D実行委員 12. 2004/05~2004/05 計測自動制御学会フェロー選考委員 13. 2004/04~2006/03 計測自動制御学会制御理論部会委員 14. 2004/02~2010/01 計測自動制御学会 評議員 15. 2004~2004 自動制御連合講演会 プログラム委員 16. 2003/04 計測自動制御学会教育認定委員会委員 17. 2003/04~2007/03 鉄鋼協会 編集委員 18. 2002/04~2003/03 計測自動制御学会 IT委員会 委員長 19. 2001/02~2003/01 計測自動制御学会 常務理事(総務担当) 20. 2000/04 電気学会 査読委員 21. 1999/04~2001/03 電気学会 C部門論文集委員 22. 1997~1997 国際学会(AIM'97)実行委員 23. 1995~1995 日本ロボット学会 実行委員 24. 1994~1994 計測自動制御学会 学術講演会実行委員 25. 1994~1994 国際学会(ASCC'94)実行委員 26. 1992/04~1996/03 計測自動制御学会事業委員 若手WG主査 5件表示 全件表示(26件) ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 2014/10~  フィルム厚み高精度化制御システムの構築 企業からの受託研究  2. 2011~2013  周波数に基づき制御則を切換える実用的振動制御に関する研究 基盤研究 (C)  3. 2002~2003  むだ時間を含む系の閉ループ同定を用いた統合的制御系設計に関する研究 基盤研究 (C)  4. 1994~1995  プロセス制御系における制御理論の応用に関する研究 奨励研究  5.   むた時間系,分布定数系に対する制御理論と応用 個人研究 (キーワード:制御,むだ時間系,) 6.   振動制御 機関内共同研究 (キーワード:",,") 7.   高層建築物のアクティブ制振制御 機関内共同研究 (キーワード:制振制御,,) 5件表示 全件表示(7件) ■ ホームページ    http://www.messe.meiji.ac.jp/~syscon/professor/ ■ 受賞学術賞 1. 2008 計測自動制御学会著述賞 「むだ時間・分布定数系の制御」 2. 1988 計測自動制御学会学術奨励賞 3. 2023/06 システム制御情報学会 研究発表講演会 SCI学生発表賞 (むだ時間推定における極零配置と予測誤差に関する研究) ■ 現在の専門分野 制御工学(Control Engineering), 機械力学・制御(Mechanics and Control Engineering)  ■ 科研費研究者番号 10202673

【大丈夫?】BeeBet(ビーベット)の評判はやばい?違法性 ケアンズタイパンズ パチスロカジノ ネットベットカジノ入金不要ボーナス
Copyright ©バカラ配当 The Paper All rights reserved.