ルーレットメーカー無料

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

理工学部 ABOUT 学科 DEPARTMENT 特徴 FEATURES 共創イノベーション INNOVATION 大学院 GRADUATE SCHOOL キャリア CAREER キャンパスライフ CAMPUS LIFE 先輩たちの声 INTERVIEW MENU 青山学院大学 ACCESS 研究室紹介 ホーム化学・生命科学科錯体化学研究室 錯体化学研究室 指導教員 長谷川美貴 教授 大曲仁美 助教 テーマ 1.光がある方向性をもって進む薄膜の開発 2.光が円を描きながら進む分子の開発 研究内容 私たちの生活は多くの色や光にあふれています。私たちの研究室では錯体化学を駆使し、その光機能の開拓や、あるいは錯体の光化学現象から自然界の神秘を解き明かすことを目的に研究を行っています。錯体は、例えば、私たちの体内で酸素を運搬しているヘモグロビンという鉄イオンを含むたんぱく質でも重要なはたらきをしています。肺で酸素を受け取り、体内に運搬し、必要なところで酸素を解き放つ。このような機能は、錯体が金属イオンと有機物とがふわっとした電子の雲でつながっている化合物であるために発現できます。また、錯体は、金属そのもとも有機物とも異なる性質を持ち、その多様性が新たな機能発現や分子レベルでのエネルギー変換素子としても期待されています。さらに、錯体分子の集合体は、多様な空間を織り成し、溶媒分子や気体分子だけでなく発光 性有機分子など種々のターゲットに対して特異的な反応を示すこともある。錯体分子は、種々の色を呈することでも大変魅力ある化学物質が多く開発されてきています。 私たちは、「分子レベルでの未来型機能性材料開発のための科学」を研究の主題に掲げ日々研究に取り組んでいます。その一例をご紹介しましょう。 光がある方向性をもって進む薄膜の開発 水の表面に分子を並べ1億分の1cmの厚みのしなやかな膜を作成しました。この膜は水晶の板で救い上げるとミルフィーユのように積み重なり、ブラックライトを当てると深紅に発光します。また、この発光が全体に広がるのではなく、方向性をもってまっすぐに進むことを発見しました。この成果は、2019年に英国王立化学会が発行するNew Journal of Chemistry誌から論文を発表し、プレスリリースを行いました。 光が円を描きながら進む分子の開発 分子に右手や左手のような重ならない対称性を持たせ、その中に含まれる希土類からの発光が円を描きながら発生する(円偏光発光性)化合物を発見しました。これまでに報告されている例と比較し、円偏光発光性が高いこともわかりました。2020年にWileyが発行するChemPlusChem誌から論文を発表しています。 研究室オリジナルサイト 研究者情報 教授:長谷川美貴 学位 博士(理学) 所属学会 日本化学会、錯体化学会、光化学協会、複合系の光機能研究会、希土類学会、American Chemical Society 研究分野 錯体の光化学 研究者情報はこちら 助教:大曲仁美 学位 博士(理学) 所属学会 日本化学会、錯体化学会、希土類学会、複合系の光機能研究会 研究分野 錯体化学 研究者情報はこちら CLOSE ABOUT理工学部 学部長ご挨拶/学部概要(沿革) 教育方針/求める学生像 データで見る青学理工学部 教員一覧 DEPARTMENT学科 物理科学科 数理サイエンス学科 化学・生命科学科 電気電子工学科 機械創造工学科 経営システム工学科 情報テクノロジー学科 英語・青山スタンダード科目 FEATURES特徴 青山スタンダード科目 理工学国際プログラム/海外提携校 理工学高度実践プログラム INNOVATION共創イノベーション リエゾンセンター 研究センター紹介 理工学会紹介 GRADUATE SCHOOL大学院 CAREERキャリア 就職データ 支援プログラム CAMPUS LIFEキャンパスライフ INTERVIEW先輩たちの声 DEPARTMENT学科一覧 物理科学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 数理サイエンス学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 化学・生命科学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 学科主任からの挨拶 化学・生命科学科の特色 教員・研究室 在籍状況・卒業後の進路 電気電子工学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 機械創造工学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 経営システム工学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 情報テクノロジー学科 学科の特徴 教員紹介 コース・カリキュラム概要 学科Q&A 英語・青山スタンダード科目 International Communication for Scientists and Engineers 科目の特徴 教員紹介 CONTACT Q&A ニュース ENGLISH 理工学部について 学部長ご挨拶/学部概要(沿革) 教育方針/求める学生像 データで見る青学理工学部 教員一覧 学科 物理科学科 数理サイエンス学科 化学・生命科学科 電気電子工学科 機械創造工学科 経営システム工学科 情報テクノロジー学科 英語・青山スタンダード科目 特徴 青山スタンダード科目 国際プログラム/海外提携校 高度実践プログラム 共創イノベーション リエゾンセンター 研究センター紹介 理工学会紹介 大学院 理工学研究科 キャリア 就職データ 支援プログラム キャンパスライフ 先輩たちの声 その他 お問い合せ Q&A ニュース English [推奨環境] Windows:Edge 87, Google Chrome 87/ Mac:Safari 14, Google Chrome 87 © Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved. TOP PREV

クリスタル・パレスfc対トッテナム試合経過 バレーボール女子ブラジル代表 ブックメーカー おすすめランキング!スポーツベットの始め方や ... 名古屋グランパスエイト選手
Copyright ©ルーレットメーカー無料 The Paper All rights reserved.